日本文化・行事

節分(豆まき)を英語で説明しよう!

英会話楽習くん
英会話楽習くん
毎年2月3日は節分ですね。英語では、節分(豆まき)を”Bean Throwing Festival”といいます。それでは、海外の人にどのように説明すればよいのか、さっそく見ていきましょう!

Setsubun literary means division of seasons and this day was the end of winter according to the old Lunar Calendar. It comes around on February 3rd or 4th. On the evening of this day, people throw roasted soybeans inside and outside their houses with a cry of “Fuku-wa-uchi, Oni-wa-soto!” meaning Good luck in! Devil’s out! As the beans are thrown, it is believed, a good luck is invited in, and bad luck is  driven out.

It is also customary to eat as many roasted beans as one’s age. It is a kind of charm against ill luck.

【訳】「節分」とは、文字通り「季節の分かれ目」を意味しますが、旧暦では、この日が冬の終わりとされています。節分は2月3日か4日に当たります。この日の夕方になると、人々は、家の内部にも外部にも煎った大豆をまき散らしながら、「福は内、鬼は外!」と叫びます。これは「幸運の神は中に入れ!悪魔は外に出ろ!」という意味です。大豆を投げると、幸運が家の中に招き入れられ、不幸は家から叩き出されると信じられているのです。

大豆を自分の年の数だけ食べる習慣もあります。これは、不幸に見舞われないためのおまじないです。

英会話楽習さん
英会話楽習さん
英会話学習.comおすすめの本日本で外国人をみかけたら使いたい英語フレーズ3000には、We eat our age plus one in soybeans.「自分の年より一つ多くの豆を食べます」と書いてありますね。地域や土地によって風習が違うのかもしれませんね。

【鬼は外!と福は内!を英語で簡単に説明するには?】

Oni wa soto! basically means “Out with bad luck!” and Fuku wa uchi mans “In with good luck.”

節分英語をYouTubeでチェック!

立春、立夏、立秋、立冬の前日を節分といい、季節の移り変わる日といわれています。特に立春の前の日を言います。この日の夕暮れには柊の枝に鰯の頭を刺したものを戸口に立てて、鬼打豆と称して炒った大豆をまく習慣があります。狂言では、節分の夜に蓬莱の鬼がきて、小唄を唄い女をくどきます。女は妻になると偽って、隠れ笠、隠れ蓑、打手の小槌をとり「鬼は外、福は内」と豆をまくので鬼は逃げ去る。